スポンサーサイト

  • 2014.11.19 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    9.11同時多発テロより10年

    • 2011.09.14 Wednesday
    • 22:45
     

    去る、9月11日。あの、2001年9月11日の、アメリカ同時多発テロから丸10年が経った。
    アメリカでは、記念式典が開かれた。

    あの、ワールドトレードセンタービル跡地での式典に、ブッシュジュニアとオバマが出席。
    物々しい警備の中、式典が開かれた。

    アメリカは、9.11以降、10年間ずっと戦争を続けている。いまだに戦時中である。
    アフガンや、イラクでの戦争もさることながら、国内外における『テロとの戦い』にどっぷりとつかったままだ。

    テロリストは、姿を簡単には晒さない。姿なき敵におびえ、過剰に反応して、無実の市民を拘束する冤罪も後を絶たない。そして何より、絶対に終わりのない戦いである。『テロとの戦い』と称して、アメリカは、終わりなき泥沼の戦いをしているのだ。警察力の強化。過剰な国民監視の永続。今、アメリカが直面する問題は、『テロとの戦い』の戦費に国自体が傾いていることだ。

    テロリストへの復讐で、イラクのサダムフセインを倒すべく、イラク戦争を仕掛けた。イラクは大量破壊兵器を隠し持っているとの理由で、アメリカと同盟国がイラクを攻めた。結局、大量破壊兵器はイラク国内から見つからなかった。


    そして、サダムはアメリカに捕まり処刑されてしまった。サダムは、独裁者だった。しかし、サダムを排して、イラクが民主国家になると信じていたアメリカだが、いまだにイラクは内乱が絶えず、民主化への道は遠い。

    結局、アメリカのやった『テロとの戦い』は、10年を経て、何を残したのか?

    今年になって、ウサマビンラディンをオバマが暗殺した。しかし、何も終わっていないのだ。厳戒態勢で、式典をするアメリカ。極度に怯えた、アメリカの市民社会。何も変わっていない。『テロとの戦い』は続く。


    前武さんを偲ぶ

    • 2011.08.05 Friday
    • 23:15
      訃報が舞い込んできた。
    放送作家であり、コメディータッチの司会や、役者としても活躍された「まえたけ」さんの愛称で親しまれた前田武彦さんが、本日、亡くなられた。82歳でした。

     産経記事に詳しいが、私の中では、『男はつらいよ 私の寅さんで、寅さんの同級生の柳文彦と言う役での出演が印象に残っている。妹役の画家である岸恵子がマドンナなのだが、寅さんと文彦の友情と、寅さんのお約束の失恋もあり、楽しい名作となっている。

    童謡『せいくらべ』の替え歌を、寅さんが文彦の前で歌う場面が、切なくて泣ける。
    小学生のころの担任の先生が、やせ細っていたので、あだ名がキリギリスだった。その先生の前で、寅さんが歌ったという。

    『柱のキ〜ズは、キリギリ〜ス。
    五月五日のキリギリ〜ス。
    ち〜まき食べたべキリギリ〜ス。
    はか〜ってくれたキリギリ〜ス。』

    先生は、目にいっぱい涙を浮かべて、悲しそうな顔をしていたと、寅さんが告白。
    まえたけさんが、「そんなことが、あったのか」と受け答えるのだが、
    なんとも、まえたけさんの暖かさが、伝わる名演技だった。

    俳優としての、まえたけさんは、これくらいにして、司会者としては、巨泉さんと二人で『巨泉・前武のゲバゲバ90分!!』、『夜のヒットパレード』芳村真理さんと組んで司会。
    談志の後の『笑点』の司会もやっていた。

    とにかく、高度成長期のテレビで一時代を築いた人でありました。
    謹んでご冥福をお祈りいたします。

    帰ってきたウルトラマン

    • 2011.04.26 Tuesday
    • 21:16
      今日は、おもちゃ売り場で、時間をつぶしました。
    ジグソーパズルを買おうかと思い、見ていると
    ウルトラマンのソフト人形が、目に入りました。
    懐かしく思い、手に取って見ていると、
    『ウルトラマン ジャック』という名の人形がありました。
    順番で行くと、上から4番目だし、ブレスレットしてるから、新マン(僕らは、帰ってきたウルトラマンを
    当時はこう呼んでいた)じゃないのか、と思いながら
    手に取ると、裏に「帰ってきたウルトラマン」に出ていたウルトラマンとなってました。

    帰ってきたウルトラマンは、ジャックという名前だったんですね。今日初めて知りました。

    帰ってきたウルトラマンは、私が夢中で見ていた番組です。郷隊員が、変身するのですが、主人公が暗いというか、苦悩することが多かったと記憶しています。
    当時は、新マンと初代ウルトラマンと区別するために呼んでいたとおもいます。
    『コロコロコミック』でウルトラマンの漫画を夢中で読んでいたことを思い出しました。
    ウルトラブレスレットは、とても強い武器で、子供ながらに少しずるいなと思ったことも憶えています。

    ウルトラファミリーは、目茶目茶、増えてるんですね。
    私は、タロウ、レオまでしか、見てませんよ。
    それ以降のウルトラマンは、知りません。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM