スポンサーサイト

  • 2014.11.19 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    『政治とカネ』で追い込まれての解散だ

    • 2014.11.14 Friday
    • 14:31
    今国会は『政治とカネ』の話に終始した。

    野党は、内閣改造で清新なイメージで登用された女性閣僚のクビを穫ってポイントをあげた。

    その他の閣僚のクビも危うい。とにかく、このままでは、内閣がもたない。だから、破れかぶれで解散してしまえ。こんな感じじゃないか。

    みんな『政治とカネ』の問題である。野党も同じことをやっているとの批判もある(例、民主党の枝野氏など)。

    『重箱のすみをつつく議論はウンザリ。もっと有意義な議論をしてくれ。』との指摘もある。

    『政治とカネ』の問題を矮小化し、野党の批判をかわそうとしているようだが、小渕氏の話もその他の閣僚の話も、刑事罰が科せられるような重要な話である。

    火だるまの安倍政権が、悶絶うって『衆議院解散』に踏み切った。マスコミの論調は、こうでなくてはおかしかろう。
    【消費税増税の是非を問う】とか【アベノミクスの中間評価を問う】とか自民党が色々言っているが、本当のところは、追い込まれての解散。

    マスコミは正しき論調で、節度ある批判精神を加味しての報道を心がけて欲しいものである。

    スポンサーサイト

    • 2014.11.19 Wednesday
    • 14:31
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << June 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM